プラグイン導入手順

wp-moshimoプラグインを導入する手順は、以下のとおりです。

(1)wp-moshimoプラグインを入手する

まだ「wp-moshimoプラグイン」をご購入されていない方は、
以下のリンクからご購入お願い致します。

【 wp-moshimoプラグインを購入する 】


(2)wp-moshimoプラグインをインストールする

「wp-moshimo5_バージョン」をダウンロードし、解凍ソフトなどでzipファイルを解凍してください。
中身には以下のようなファイルが収納されています。

スクリーンショット 2016-07-27 8.58.27
<フォルダの中身>
1.wp-moshimo.zip(プラグイン本体)
2.wpmt005(テーマファイル)
3.readme.txt(バージョン履歴など)

※プラグインをインストールする前に、wordpressがあらかじめサーバーにインストールされている必要があります。

● インストールは、2種類の方法があります。
お好きな方法でインストールしてください。

(1)WordPress管理画面からインストールする方法。


<手順>
1. WordPressの管理画面から、「プラグイン」-> 「新規追加」-> 「プラグインのアップロード」をクリック。(以下のような画面になります。)

スクリーンショット 2016-07-27 9.08.28

2.「選択」ボタンを押して、パソコン上にダウンロードし解凍した「wp-moshimo.zip」ファイルを選択してください。その後「今すぐインストール」をクリック。

3.テーマファイルも同様にWordPressの管理画面から、
「外観」-> 「テーマ」-> 「新規追加」-> 「テーマのアップロード」をクリック。
(以下のような画面になります。)

スクリーンショット 2016-07-27 9.18.46


4.「選択」ボタンを押して、「wpmt005.zip」ファイルを選択してください。その後「今すぐインストール」をクリック。

(2)「FFFTP」などのFTPソフトを使ってアップロードする方法。


フォルダ内の「wp-moshimo.zip」「wpmt005.zip」も解凍しておいてください。
解凍したファイルは、下記の図を見ながら、「FFFTP」などのFTPソフトでアップロードしてください。

【 FFFTPはコチラからダウンロードできます 】

 

001_install

インストール完了したら、WordPressの管理画面にログインし、「プラグイン」を「有効化」します。

002_plugin_setup

(3)初期設定「もしもAPIの設定」を行う

WordPressの管理画面で、「プラグイン」のグループに、「もしもAPIの設定」が表示されたらクリックします。
「もしもショップID」に、お客様の「もしもショップID」を入力してください。
「もしもAPI認証コード」に、お客様が申請して取得した「もしもAPI認証コード」を入力してください。
上記以外は、今の時点ではそのまま先に進んでください。
入力が完了したら、「変更を保存」をクリック。

003_moshimoapi_setup

(4)プラグイン専用テーマファイルをアップロードする

管理画面から、「外観」をクリックし、テーマファイル「WPMT005」を「有効化」します。

004_theme_yuukou

(5)固定ページ(商品一覧用、商品詳細用)を新規作成する

管理画面「固定ページ」をクリックしたら、「新規追加」をクリックして、新規ページを作成します。
タイトルに「list」と入力し、保存(公開)してください。
同様に、「新規追加」をクリックし、タイトルに「detail」と入力し、保存(公開)してください。

005_kotei_page

(6)「パーマリンクの設定」を変更する

管理画面の「設定」から、「パーマリンク設定」をクリックし、「デフォルト」以外を選択します。
設定例は、「/%category%-%post_id%.html」など。

006_permalink

2016/07/27