新着情報

Googleも推奨する「レスポンシブWebデザイン」

20130522
推奨するモバイルサイト構成として、Googleは以下の3つを紹介しています。

(1)レスポンシブWebデザイン
(2)同一URLで端末によって出し分け
(3)スマホ向けを別URLで作り、リダイレクトする

WordPressでスマーフォフォン独自のテーマに対応させるには、
「WPtouch」のようなプラグインを導入する必要がありますが、
デザインがイマイチですね。

スマホ向けのサイトを別で作ると言っても、
サイト数が増えるとやはり変更の必要が生じた時には
大変です。

グーグルとしても、
コンテンツに対して1つのURLであれば、
サイト管理の資源もGoogleのクローラの資源も節約できる
というメリットもあるようです。

スマートフォンが急速に普及し、スマホ向けコンテンツを提供しているサイトも増えてきました。
サイトの構成方法は、いろんな方法がありますので、
必ずしもレスポンシブWebデザインでなければならない、
ということはありません。

しかし、今後コンテンツを立ち上げていく場合、
Googleが設計の指針を示してくれたのであれば、
検討する価値はあると思います。

私自身、Bootstrapを使ってレスポンシブWebデザインを設計する手法が、
今現在とても気に入っています。

「wp-moshimo」では、
今後、多くのテーマを追加していきたいと考えています。

当サイトでは、
「集客」に専念していただき、
さらに売り上げが伸びるような仕組みを
提供していきたいと思います。

-新着情報